元気な日もある非定型うつ病を、ご存知ですか?

不安が根底に強いこの非定型うつ病は、楽しく仕事ができる日があるのに、別の日は何もしたくない程に憂うつ気分で、食事も程んど食べたくない、このような対照的な特徴がある病気です。
・周囲の人に対して過敏になり、関係が悪くなってしまったときに発症する
・たくさん寝ているのに、まだまだ眠れる(過眠)
・憂鬱な気分が続くが、好きなことをしているときは気分は晴れて元気になる
・過食する傾向で、体重が増えている
・夕方から夜にかけて具合が悪くなる
・イライラして落ち着かないことがある

うつが強くなり、どんと落ちむ日があるが、元気になる日もあり、過食、過眠なども伴うため、自分の気分や体調の変化にどのように対応したらよいか困惑します。また、片頭痛、過敏性腸症候群なども合併していることが多く、ご自身では判断が難しく、対応が遅れてしまうこともよくあります。
非定型うつ病は、20歳~30歳の女性に多いのが特徴です。根底には根強い不安感があることが多いのも特徴で、他者からよく見られたいという願望があり、気を遣いながら同調的な対人関係を持つ人が多いです。
近年、増加している病気の一つです。